レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 精度確認 そして。
 
 
レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 精度確認 そして。 動作確認水晶入力無し 拡大 「"レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 信号入力無し」
 
この機器は電源を供給すると7桁全てに 「-」が表示されます。。
これが点灯すれば一安心です、もし点灯しなければ直ぐに電源を切って間違いか確認して下さい。
 
電源として「5~9V」を入力ジャックに入れます、付属のUSBケーブルで5Vを接続すると良いでしょう。
「9V」以上も可能にようですが9Vを加えると電源ICが急速に熱くなります。 少し危険に感じるほどです。
 
 
拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 GPS 1Hz」
 
GPSモジュールから1Hzの信号を供給しています。
このGPSモジュールは格安で購入出来てLEDがGPSの基準にロックした状態で点滅するのでこのような確認に使用できます。
(色々な手段で検証していますが十分な精度が出ている事が確認できています。)
>このモジュールについても紹介したいと考えています。
紹介ページを作りました。 GPS周波数標準(1Hz簡単)
 
このカウンターキットと同じ「KKnoon」のブランドでアマゾンで購入できます。
KKHMF NEO6M MV2 Flight コントローラー NEO-6M EEPROM MWC APM2.5 GPSモジュール 販売ページへのリンク。
 
「1.000147Hz」と表示されています。
水晶発振子のコンデンサを微調整しない状態なのでこの程度でしょう。
 
このGPSモジュールは出す周波数の調整が可能なので色々な周波数を出してみます。
拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 GPS 1000Hz」
拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 GPS 400Hz」
この周波数カウンターは周期を測定して逆数(1/n)して表示するので計算上の誤差も考えねばなりません。
 
上記一連の流れの動画(YOUTUBE動画) 。
 
 
校正と言うかどうするか。
 
4桁精度として使用すれば良いのですが水晶についているコンデンサ(C5 C6)を調整すればある程度は良くなるので調整してみました。
(このため組み立て時に配慮して組み立てています。)
自分的にはC6を調整すればと思っていたのですがテストの結果C6の調整では上手く行きませんでした。。
C5 C6 のコンデンサを外しC5にトリマーコンデンサを接続して試した所で良好な結果が得られました。
 

半田面にトリマーコンデンサをつけた状態だとケースに入らないので部品面に(3つ目の写真)。
 
拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 GPS 1Hz」
拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 GPS 1000Hz」
拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 GPS 5000Hz」
拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 動作確認 GPS 5Hz」
 
まずまず良好な結果でしょう。
逆数(1/n)して表示するので計算上の誤差で最終桁には少々のバラつきが出ている感じです。
 
上記一連の流れの動画(YOUTUBE動画) 。
 
レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 暫定調整ケース入れ 拡大 「"レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 暫定調整ケース入れ」
 
この状態(C5)にトリマーコンデンサを取り付けた状態)でケースに組み込んでみましたが少々きつい感じです。
見ためも良くなく(透明ケース)少々不安定な感じ(トリマーと水晶が接触している感が)もします。
 

最終的には。
 
色々と試してみた結果 C6に22PFのコンデンサ(キットについていた容量(今回は実験中に壊したので積層セラミックを使用))。
C5に5PFのセラミックトリマコンデンサーで良好な状態となりました。
 
秋月電子で販売の「セラミックトリマコンデンサー 5pF(2~5pF) 青」です。 同トリマーコンデンサ販売ページへのリンク。
 
ただし、5PFの容量では小さい感もあります(何個かのテストでは良好ではありますが)。
白トリマ(10PF)も用意した方が良いかの知れません(安い部品ですが送料交通費が、、、)。
 
レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 青トリマー(5PF)足ピッチ調整 拡大 「"レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 青トリマー(5PF)足ピッチ調整」
 
ただし、このトリマコンデンサーはこのキットの基板の穴の寸法が違います。
写真のような小さい基板(ユニバーサル基板の切れ端ですが)に付けて変換すると簡単です。
 
レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 青トリマー(5PF)取付 拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンターキット 青トリマー(5PF)取付」
 
こんな状態で付けられます。
 
レシプロカルタイプ周波数カウンター1Hz測定中 拡大 「レシプロカルタイプ周波数カウンター1Hz測定中」
この状態で完成としました。
 
基準水晶のTCXO化などは今後の課題とします。
 
もどる