粉石鹸(洗濯洗剤)針穴写真器の作成
 
素材となる粉石鹸の箱。
素材となる粉石鹸の箱。    
 
素材となる粉石鹸の箱と4×5フィルムの比較。
粉石鹸の箱と4×5フィルムの比較。    
少し大きめですがフィルムが入れやすく都合が良い感じです。

 
内側に黒い紙を貼って断光性の向上、反射防止をします。
実際には、黒い紙を2枚重ねて貼ってます。
木工用接着剤(酢酸ビニル樹脂エマルジョン)をタップリ塗って貼る着ける事で硬さが出てきます。
断光性の向上、反射防止。  
  フィルムの固定は両面テープを使って固定してます。
両面テープはフィルムを貼る方は、指で何度か触って粘着度を低くすると剥がすとき楽です。
(あまり弱くすると撮影中はがれてしまいますが。)
 
ふたにも黒い紙をはります。
ふたを閉めるだけで断光出来るようについ立をたてました。
ふたの工夫。    
 
断光性に少々難があったので本体にもつい立をたてました。
フィルムを入れる時は立てます。
つい立。    
 
フィルムを入れる終わったら寝かせます。
寝かせます。    
 
屋外等で問題となる場合は、さらに黒い紙をかさねます。
フィルムを入れる時、この紙でフィルムを押さえて両面テープに固定します。
(乳剤面に指紋を付けずに固定できます。)。
さらなる断光性。    
撮影前には、箱を軽く叩き乳剤面に落ちたホコリを落とすと良いでしょう。

 
完成品。
完成品。    
 
ピンホールについて記載します。
ホームページを見ると、結構難しい事が書かれています。
最良の画質を得るという事では必要かも知れませんが密着焼きつけ(古代手法を目的としているため)なら簡単な方法でも何とかなるだろうと料理用のアルミ箔で作ってみました。
結果はごらんの通りです。
壊れ易いですが簡単に作れるので問題無いと思います。
(紙に張って使えばそんなに簡単には壊れません、作り変えると結果が変る可能性があり問題といえば問題ですが。)
 
まず、アルミ箔の両面を黒マジックで黒く塗ります。。
硬めの台の上に紙を引き黒く塗ったアルミ箔を置き、画びょうで一発突つく。
指したままアルミ箔を回しても良い。
 
アルミ箔は薄いので空中で刺して穴を開けようとすると失敗するから台に置いて突つくという感じです 
縫い針だと細過ぎる感が(針の先だけを使うため)あるので持つところがある画びょうの類が良いと思います。  
切れやすいので紙に穴を開け貼って使用します。
  
真円にはなっていないしバリもあるのだけど薄さのおかげそれなりには撮れます。
 
もどる