フィルムの詰め換え
 
たけぴょん が行っているフィルムの詰め換え方法を紹介します。  
生フィルムを扱いますので完全な暗室内で作業する事が必要です。
フィルムをパトローネの供給側に入れ蓋をしめた後は明るい所での作業が可能です。
 

フィルムを50cm程度に切ります。
50cm程度に切った紙テープや他のフィルムを用意してそれに合わせるような方法を 工夫すると簡単に出来ます。
 

次にフィルムを1から1.5cm程度(パトローネの供給側に入る位)に丸めます。
この時 フィルムの穴が下側(パトローネの供給側と巻き取り側をつなぐ板のある方)
に入るような方向で巻きます。
(完全な暗室で行いますので手探りで穴の位置がわかるように練習しておきましょう。
 
 
次にパトローネの供給側にフィルムを入れ(フィルムの端がテレンプ部からでるように
して)入れます。
この時テレンプ部を僅に開く感じ(開くというより押し込むって感じ本当に開くを割れ
が出てくる事があります。)で入れるとうまくいきます。
 
蓋を閉じセロハンテープで止めます。
 
 
この後は明るい所で可能です。

 
供給側から出ているフィルムを引っ張り比較的スムーズ(ある程度の力は必要としま
すそんなにスムーズでは無いのではありますが)に引き出せる事を確認します。
 

少し引出し巻き取り側の巻き軸にセロハンテープで固定します。
そして巻き取り側に入ます。
 

この時、供給側と巻き取り側をつないでいる部分が折れ易いので力を加えないように
注意しどちらかと言えばフィルム自体を曲げてしまいようにして下さい
 
 
巻き取り側に入れ蓋を締めセロハンテープで固定して完成です。
 
 
このままの状態では、断光性に少し問題があるので専用ケースに入れ保管します。
 
もどる